JHUPO:日本プロテオーム学会

HOME > 学会沿革 > 学会賞等受賞者

学会賞等受賞者

受賞者一覧

HUPO国際賞

◆2009年谷口 直之(大阪大学医学部)
HUPO Distinguished Service Award

HUPO若手研究者賞

◆2004年 近藤 格(国立がんセンター研究所)
HUPO Young Investigator Award Proteomics of lympohoid neoplasms - Proteome-mining for 2D gel

日本プロテオーム学会賞 (各年度五十音順)
Japanese Proteomics Society Award for Distinguished Achievement in Proteomics Sciences

◆2010年 礒辺 俊明(首都大学東京 大学院理工学研究科)
液体クロマトグラフィー-質量分析法を中心とするプロテオーム解析技術の開発とその応用
中村 和行(山口大学大学院医学系研究科)
肝細胞癌の分子病態に関するプロテオーム研究
◆2011年 山田 哲司(国立がん研究センター研究所)
プロテオーム解析によるがんの診断・治療法の開発
和田 芳直(大阪府立母子保健総合医療センター)
糖ペプチドの糖鎖解析法の開発とその臨床プロテオミクスへの応用
◆2012年 平野 久(横浜市立大学先端医科学研究センター、大学院生命ナノシステム科学研究科)
プロテオーム分析技術の体系化と生命医科学研究への応用
山本 格(新潟大学大学院医歯学総合研究科腎研究施設)
ヒト腎臓病研究へのプロテオミクスの応用と国際連携研究ネットワークの構築
◆2013年 石濱 泰(京都大学大学院薬学研究科)
プロテオミクスおよびリン酸化プロテオミクスに関する基盤技術の開発と応用
高橋 信弘(東京農工大学大学院農学研究院)
タンパク質複合体のプロテオミクスに関する先駆的研究
成松 久(産業技術総合研究所糖鎖医工学研究センター)
グライコプロテオミクス研究の基盤技術開発とその応用
◆2014年 小田 吉哉(エーザイ)
質量分析を用いた定量プロテオミクスにおける先駆的基盤技術の開発
野村 文夫(千葉大学)
プロテオミクスの臨床検査応用に関する研究
◆2015年 朝長 毅(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
定量プロテオミクスを用いた疾患バイオマーカー探索とその医療への応用
服部 成介(北里大学)
プロテオミクス技術による細胞内シグナル伝達系の解析
◆2016年 荒木 令江(熊本大学)
融合プロテオミクスを基盤としたシステムズバイオロジーの腫瘍研究への応用
◆2017年 松本 雅記 (九州大学)
定量プロテオミクス技術の開発と応用に関する研究

日本プロテオーム学会研究開発功績賞(各年度五十音順)
Japanese Proteomics Society Award for Technical Development

◆2011年 アステラス製薬プロテオミクス研究チーム(代表:横田 博之)
プロテオミクスの創薬研究への応用
◆2012年 第一三共RDノバーレ プロテオミクス研究チーム (代表:久保田 一石)
プロテオミクス技術の創薬研究への応用
中外製薬 プロテオミクス研究チーム(代表:原村 昌幸)
薬剤の作用機序解析および新規標的探索のためのプロテオミクス解析
◆2013年 メディカル・プロテオスコープ(代表:川上 隆雄)
質量分析を基盤とした臨床プロテオーム解析事業の確立
東レ(代表:鄭 基晩)
血清中の超微量タンパク質の探索に関する新規手法の開発
◆2014年 エーザイ(代表:小田 吉哉)
プロテオミクスにおける新規手法開発と創薬への応用
◆2015年 ライオン株式会社 プロテオミクス研究チーム(代表:村越倫明)
プロテオミクスの機能性食品開発研究への活用:ラクトフェリンの内臓脂肪低減メカニズムの解析

日本プロテオーム学会奨励賞(各年度五十音順)
Japanese Proteomics Society Young Investigator Award

◆2010年 杉山 直幸(慶應義塾大学先端生命科学研究所)
高選択的リン酸化ペプチド濃縮技術の開発とリン酸化プロテオーム解析への応用
松原 淳一(国立がんセンター研究所化学療法部)
切除不能膵がんに対するゲムシタビン療法の副作用・予後予測マーカーの開発
◆2011年 川島祐介(北里大学理学部附属疾患プロテオミクスセンター)
血清・血漿を対象とした診断マーカータンパク質・ペプチド探索技術の開発とその応用
菊田 一貴(国立がん研究センター中央病院)
プロテオーム解析によるユーイング肉腫の個別化医療のためのバイオマーカー開発:標準的治療法の効果予測バイオマーカー・ヌクレオフォスミンの同定と実用化
木下 恵美子 (広島大学大学院医歯薬学総合研究科)
リン酸親和性分子Phos-tag を用いたリン酸化プロテオーム解析技術の開発
◆2012年 中神 弘史 (独立行政法人理化学研究所植物科学研究センター)
植物リン酸化プロテオミクス分野の開拓と植物免疫システム理解への応用
増田 豪 (慶應義塾大学先端生命科学研究所)
ショットガンプロテオミクスのための相間移動可溶化法の開発
◆2013年 植田 幸嗣(独立行政法人 理化学研究所)
グライコプロテオーム解析技術の開発と糖鎖標的腫瘍マーカーの同定
木村 弥生(横浜市立大学先端医科学研究センター)
タンパク質の翻訳後修飾の解析
曽川 一幸(麻布大学生命・環境科学部食品生化学研究室)
MALDI-TOF MSによるMRSA(メチシリン耐性ブドウ球菌)の迅速検出法の開発
◆2014年 荒川 憲昭(横浜市立大学)
培養細胞を利用した新規卵巣がん血清診断マーカー候補蛋白質の同定
小林 大樹(熊本大学)
融合プロテオミクスによる神経系腫瘍の細胞内特異的タンパク質の解析
村岡 賢(独立行政法人医薬基盤研究所)
膜タンパク質を標的とした抗体医薬、診断バイオマーカー開発のためのプロテオミクス基盤技術の確立
◆2015年 足立 淳(国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所)
バイオマーカー・コンパニオンマーカー開発のためのプロテオミクス基盤技術の確立
◆2016年 木村 鮎子(横浜市立大学)
癌悪性化機構の解明を目指したリン酸化プロテオーム解析
長塩 亮(北里大学)
抗体作製を基盤とした肺癌の診断並びに予後予測マーカーの獲得
◆2017年 太田 信哉 (高知大学)
分裂期クロマチンのプロテオミクス解析
奥田 修二郎(新潟大学)
プロテオームデータの統合化とバイオインフォマティクス解析
鳴海 良平 (医薬基盤・健康・栄養研究所)
選択反応モニタリング法を用いたターゲッテドプロテオミクスの基盤技術の開発

日本プロテオーム学会功労賞(各年度五十音順)
Japanese Proteomics Society Distinguished Services Award

◆2014年 戸田 年総(横浜市立大学)
前田 忠計(北里大学)
◆2015年 吉田 豊(新潟大学)

その他

トラベルアワード(各年度五十音順)
Japanese Proteomics Society Travel Award for HUPO World Congress

◆2016年 阿部 雄一(医薬基盤・栄養・健康研究所)
伴 涼太郎(横浜市立大学)
YIN Xiaojian(筑波大学)